筋トレに最適な時間帯とは?やっては行けない時間、やるべき時間!

筋トレは闇雲に行えばいいという訳ではなく、筋トレに効果的な時間帯を狙って行うことで、より効果を実感することが出来ます。

まずは、筋トレするのに向いていない時間帯からご紹介していきます。

食後すぐ

食後すぐの筋トレは消化不良を起こします。
お腹が満腹の時に筋トレを行っても、体の中では準備が出来ていません。

食後には消化するための血液が、胃に集中している状態なので、筋繊維に血液が回されて、筋トレしている部位と、胃とで、分散されてしまうのです。

食後の筋トレは消化の邪魔になりますので、控えるべきです。

空腹時

空腹の時は当然、エネルギーが蓄えられていません。
そこへ筋トレをするとどうなるか?

筋肉が分散されてしまい、筋肉が細くなってしまいます。

また、体にタンパク質が足りない状態のことを「カタボリック」と言いますが、このカタボリックという状態での筋トレは厳禁とされています。

筋トレをする時には、プロテインなどを摂取して、空腹を感じない程度の間食をしてからにしましょう。

寝る直前

筋トレをすると交感神経が優位になり、なかなか寝付けなくなります。
筋肉というのは、夜の時間に多く作られるので、質の良い睡眠もとても大事です。

また、睡眠が浅いと、筋肉の成長に欠かせない成長ホルモンも十分に分泌されない状態になってしまいます。

寝る直前1時間前には、筋トレを終わらせて、リラックス状態に入る副交感神経へと切り替えておきましょう。

寝起き

朝は体の体温が低く、体も固いです。
ですから、体を温めるストレッチや、ウォーミングアップをしてから、筋トレを始めていくのがベストです。

筋トレ前には、果物やカロリーメイトなどの軽食を摂っておくことをお勧めします。

筋トレに最適な時間帯とは?いつトレーニングしたらいい?

このように、筋トレに向いていない時間帯についてお話ししてきました。
もちろん、筋トレに向いている時間もご紹介します。

朝の筋トレ

朝の筋トレは、その日1日を代謝の良い状態で過ごせるようになる大事な時間です。

より効果的なのは、筋トレ後に有酸素運動をすることで、代謝アップを促せます。
ダイエットにも朝の筋トレは向いています。

昼食の2時間後がベストタイミング。
消化のピークも過ぎて、血液も筋トレに集中できる時間帯です。

夕方

16時~18時がベストタイム。
どうしてか?
人間の体温が最も高くなっている時間帯だからです。

つまり、1日で最も交感神経が活発になる時間帯で、代謝も上がるし、筋肉もベストパフォーマンスを発揮しやすい時間帯というわけです。

ですが、ここで、疑問が出て来ますよね。
朝、昼、夕に筋トレなんて、休日ならともかく、働いている人には無理な時間帯ですよね。

そういう方には夜の筋トレがお勧めです。

夜の筋トレの時間は、夕食後と就寝時間から逆算します。
夕食の2時間後であって、就寝の1時間前。
これが好条件の筋トレの時間帯になります。

このように、筋トレのNGな時間帯や、向いている時間帯があるわけですが、自分が毎日続けられる時間帯を見つけて、筋トレを習慣化することが、効果を発揮する第一条件です。

コメントは受け付けていません。