筋トレでモテモテの細マッチョになる方法!

筋トレをしている人の中には、今流行りの細マッチョを目指している人も多いかと思います。
思えば、いつの頃からか、細マッチョは女性が男性を選ぶ上での条件に付けくわえられたのでしょうか。

そんな細マッチョを目指す人に、筋トレのメニューから食事、期間までを見て行きましょう。

まずは、細マッチョの筋トレのメニューについてです。
これには、二つのタイプで違ってきます。

 

脂肪のつきやすいタイプ

脂肪のつきやすい体型の方は、細マッチョを作りやすいです。
どうしてかと言いますと、脂肪と同じくらい、筋肉もつくのが早いからです。

脂肪で体重が重い分、それを支えるために自然と筋肉がついていくものなんです。
ですから、普段の消費カロリーも必然的に高くなるわけです。

お勧めする筋トレメニューは、大胸筋を鍛える筋トレメニュー。
腹筋をキレイに割るメニューがお勧めです。
これらのように、大きな筋肉を中心に鍛えていくことがベストです。

筋肉がつきにくいタイプ

痩せ型のタイプの方は、
あまり食べない人。
栄養の吸収率が低い体質の人。
の二つに区分されます。

あまり食べない人は、日ごろから高カロリーな食事を摂っていきましょう。
栄養の吸収率が低い体質の人は、下半身をがっちり鍛える筋トレメニューと、姿勢を正しくしてくれる背筋トレーニングがお勧めです。

細マッチョを目指すなら、筋肉の土台作りからまずは始めていきましょう。

細マッチョになるための食事環境とは?何を食べるべき?

〇生野菜
生野菜には酵素が含まれています。
酵素は消化を助けます。
ですから、生野菜はたっぷりとりたいところ。

また、体の調子を整えるビタミン類やミネラルも摂取していきましょう。

〇脂質を減らす
細マッチョを目指すなら、出来るだけ脂質の摂取を抑えることです。
揚げ物、炒め物、焼き物ではなく、茹でたり煮たりした料理を選ぶようにしましょう。

〇高タンパク質な食事
細マッチョになるためには、タンパク質を多く摂ることを意識しましょう。
タンパク質の摂取量は、

体重 × 1.5g~2g

となっています。
肉を摂取するなら、鶏肉を中心にして、大豆食品、魚、卵白も積極的に食べるようにしましょう。

〇炭水化物を減らす
今やダイエットの代名詞ともなった「低炭水化物ダイエット」も効果があります。
極端に炭水化物を減らすと、脳の栄養が足りなくなったり、注意力も散漫になります。

ですから、夜だけ炭水化物を摂らないとか、3食のご飯の量を減らすとか、自分なりに工夫してみて下さい。

トレーニングメニューと、気を付ける食事が分かったところで、細マッチョになるには、どれくらいの期間が必要なのでしょう。
あまりに結果が出ないと、途中でイヤになってしまいそうですが、かなりの期間は覚悟しましょう。

〇普通体型の人
体育会系で筋トレをしていたという方は、今は筋肉が眠っているだけ状態です。
ですから、早く細マッチョになれますよ。

体に変化が現れるのが3ヵ月が一つの目安になります。
筋肉細胞も90日間で生まれ変わります。

90日間、週2日の筋トレを続けてきた方は、細マッチョに近付いています。

〇太目めの体型
細マッチョになりたいなら、まず、炭水化物を止めることです!
筋トレを週2日行い、その時間も1時間で構いません。
その代わり、炭水化物をセーブしましょう。

このタイプの人は、細マッチョになるには、2年~3年かかります。
脂肪はそんなに短期間で落ちません。

〇細めの体型
高タンパク質、高カロリー、高炭水化物を食べて、体に肉をつけましょう。
このタイプの人は、食べるのがトレーニングです。

細マッチョになるには、2年~3年かかることを覚悟しましょう。

コメントは受け付けていません。