筋トレ中にアルコールはOK?筋肉に影響はあるの?

筋トレ中のアルコール摂取には、賛否両論あるかと思います。
アルコールは少量楽しむ分には、ストレス発散であったり、一日仕事をしたご褒美であったり、健全なことだと思います。

ですが、限度を超えたアルコールの摂取については、筋肉の成長に様々な影響を与えてしまいます。
アルコールが筋肉に与える悪影響について、お話ししていきます。

 

筋肉の成長を邪魔する

筋肉を成長させて、増強してくホルモンに「テストステロン」というものがあります。

これはタンパク質の合成を促して、筋肉の成長を助ける役目があります。
テストステロンは筋肉の成長にか欠かせない、重要な男性ホルモンなんです。

テストステロンの分泌が活発であればあるほど、筋肉がつきやすくなるんですね。
そこへアルコールを入れると・・・。

このテストステロンの分泌を止めてしまうのです。
ですから、アルコールが入ることで、筋トレする上では悪影響を及ぼします。

 

コルチゾールの分泌

限度を超えたアルコールを摂取すると、「コルチゾール」という物質を多く分泌することになります。

このコルチゾールの正体は、ストレスホルモンなんです。
ですから、身体や精神的なストレスが発生した時、例えば、極度に緊張するとか、中には空腹時などに、筋肉を分解して糖を作り出すという特徴があります。

コルチゾールは栄養を十分摂取出来ない時に、命をつなごうをする本能に機能するホルモンだと言えます。
そこへアルコールを入れると・・・。

コルチゾールが分泌されることは、直接的に筋肉を分解することになるので、筋トレで疲れてしまった身体や内臓にダメージを与えます。

 

内臓がオーバーワークする

筋トレ後には、ハードな筋トレの負荷に起因して、大きなダメージを受けている状態です。
それと同時に、内臓も大変疲れている状態です。

この状態を早く回復させることが、筋肉の成長にとっては非常に大事になってきます。
そこへアルコールを入れると・・・。

肝臓の働きとして、アルコールが入ってしまうと、その異物を排除しようと、何よりも優先的にアルコールを排除しようとします。
この動きが肝臓に大変な負担をかけてしまうのです。

更に、身体の疲れを回復させようと、フル稼働していた内臓も、アルコールが入ることによって、大きな負荷がかかってしまいます。

それによって、内臓機能も機能しない。
身体の回復も機能しなくなります。

 

超回復が遅れる

筋肉の成長には、超回復を成功させることが必須。
超回復とは?
筋肉が筋トレでダメージを受けたら、次はそのダメージに耐えられるように、パワーアップして回復する力が備わります。

超回復は筋トレ後、2~3日かけて行われ、2~3日後にまた筋トレして超回復する・・・というサイクルが作られます。

そうすると、徐々に筋肉を増やしていくようになります。
そこへアルコールを入れると・・・。

身体に必要な栄養素がスムーズに行き届かなくなります。

つまり、アルコールを入れると、自分の身体が正しく処理できる範囲ならいいんです。
ダメなのが、限度を超えたアルコールを入れてしまうこと。

アルコールを摂取すると、血中にアルコールが残って、筋肉量を減少させて、筋力の最大限の力を発揮出来なさせてしまうのです。

コメントは受け付けていません。